毛生え材料M-034の効用とは?ツルッパゲに効果的ってほんと?

今現在、薄毛に悩んでいて育毛剤を利用しているというあなた。そもそも毛はえ薬とは何かを知っていますか?

 

市販されている毛はえ薬のほとんどには「髪の毛を伸ばす有効性」はありません。

 

一般的に流通されている育毛トニックに入っているマテリアルは、毛生えを支援する成分であり、毛を増して生やすという効能は裏付けされていません。

 

頭皮の肌環境をきれいにし、髪の毛がもとより持つ発達する力を引き出すために活用されることがほとんどです。

 

毛はえ薬を利用して効能感知できない時は、成分を再検討して毛生えをケアする方法を改めて検討したほうがいいかもしれません。

毛生えマテリアルとは何か?作用に個人差はあるのか

現在、医学的に毛を発毛させるマテリアルとして受け入れられているものは2つだけです。

 

多くの発毛剤に含有されている育毛原料の効能は、今ある髪を太くしたり、頭部の肌環境をきれいにして本来あるヘアーの伸長を促し、発毛因子を刺激する、このように新しい毛を/ダイレクトに発毛させるような威力ではなく、育毛に関して有効性発揮するように製造されています。

 

つまり、効力が見られるのには個人差があり、これらが元凶で禿頭となっている場合、もとが対策されれば髪の毛の量は増えていきます。

 

しかし、効力が現れない場合は改めてもとを検証し直す必要や自分にあう育毛トニックを探す必要があります。

 

そして、医学的に毛生えが容認されているマテリアルというのは「ミノキシジル」「フィナステリド」です。

 

「フィナステリド」はハゲを推進させる男の方ホルモン「DHT」を抑える有効性があり、禿頭の進行を抑制する材料です。

 

そして、「ミノキシジル」は、血圧を落とす薬として使われていましたが、体中の毛髪が増えるという副作用があり、この効力を利用した育毛材料です。

 

そのため、まずは「フィナステリド」で「DHT」を止め禿頭の進行を止めてから、「ミノキシジル」で発毛する、というのが一般的な治療方法です。

 

また、唯一「ミノキシジル」が使用されている育毛促進剤は大正製薬から「リアップX5」がドラッグストアで売られています。

M−034の効果と特性について

「ミノギシジルと同等の育毛威力」がキャッチフレーズの「M-034」ですが、実際の有効性とその効果が気になりますよね?

 

「M-034」の効き目は毛髪を支え、伸長させる「外毛根鞘」の増加を促す働きがあります。

 

外毛根鞘は毛生えにとってとても大事な細胞で、ヘアーが発育するために必要な滋養を蓄え、毛髪を発達させる細胞が詰まっています。

 

つまり、ヘアーを発毛させる威力に期待できます。

 

また、血液循環を助長する血管内皮増殖因子と、髪の衰退を抑制する退行期誘因子を抑制するための因子を生成することで、血行促進・育毛増進・抜け毛予防の有効性見込まれています。

 

さらに、うるおいを保湿する原料「ヒアルロン酸」と同じくらいの保湿力があるため、頭部の肌をしっかり保湿し乾燥による抜け毛解決にもなります。

 

では、「M-034」と「ミノキシジル」では何が異なるのでしょうか?

M−034には反作用がないメリットも

「M-034」と「ミノキシジル」の異なる点は「反作用」が無いことです。ミノキシジルには第一類医薬品に属する有効成分で、有効性が容認されていますが、反動の危険性があります。

 

具体的にはミノキシジルを塗った部分に強烈なかゆみ・炎症を起こす「ミノキ焼け」と呼ばれる症状を起こします。

 

それに対して、「M-034」は反作用の危険性はありません。

 

「M-034」は北海道の「ミツイシコンブ」と呼ばれる昆布から抽出された、自然由来の原料を利用しているため、頭部の肌や身体への刺激は少なく安心して使用し続けられます。

 

「ミノキシジル」は反動があるためいかなる方でも簡単に活用できるものではありませんでしたが、「M-034」であれば反動の可能性が無いため、肌の弱く敏感な人や、未成年で薄毛が心配な人にも、安心して使用し続けることができます。

M−034配合の主な育毛トニックとは

実際に「M-034」を含んだ育毛トニックは現在、売り出し中で大勢の方が活用しており、個人差はありますが効果を実感している方たちもいます。

 

「M-034」を含んだ主な発毛剤はこの3つです。マテリアルが豊富な「IQOS」、成分の質が高く抜け毛予防にも期待できる「チャップアップ」、「M-034」が最高濃度の「ブブカ」。

 

「IQOS」は含有されているマテリアルの数が多く、3種類の有効原料と28種類の毛生え材料が含まれており、それぞれの相乗効果で毛生え作用が秀でた発毛剤です。

 

また、他の2つの育毛促進剤に比べ値段が安いことが支持されている一つの原因でもあります。

 

次に「チャップアップ」は、育毛推進や頭皮整える他に、抜け毛予防原料が含有されており、短く細い毛の方は使っておきたい育毛剤です。

 

そして最後の「ブブカ」ですが、最も注目すべき点は「M-034」の配合濃度です。

 

薄毛攻略に必要な材料がバランスよく含まれており、さらに「M-034」は業界一の配合濃度となっています。「M-034」の作用を特に実感したい方には「ブブカ」を推奨します。

 

このように、薄毛解決として多くの育毛促進剤が販売されていますが、まずは自分のスカルプ環境を知り、そこから要因検討して最もあなたに合った育毛トニックを探すことから始めて行きましょう。